Architecture

【繰上げ返済】『住宅ローン』の”繰上げ返済”してますか?

 

現在、住宅ローンを利用されている方は、『繰上げ返済』をしていますか?
『繰上げ返済』とは? 

住宅ローンの返済を毎月、銀行へしていると思います。

これとは別に、ある一定のまとまった金額を返済するのですが、

この『繰上げ返済』(一部繰上げ返済)には目的別に、大きく2種類あります。

1、【期間短縮型】
 
2、【返済額軽減型】

です。

1、【期間短縮型】とは、ずばりローンの返済期間を短縮するために行う繰上げ返済です。
 
この繰上げ返済では、「繰上げ返済する金額のすべてを借入金の元金の返済に充てます。」

そうすることで、元金が減れば返済期間が短縮されるので、その短縮された期間分の利息を

節約することができる仕組みです。

返済開始当初は毎回の返済額のうち利息が占める割合が大きいので、繰上げ返済が早いほど、

利息の軽減額が大きくなり、効果が大きくなります。

また、金利が高いものほど、返済期間が長いものほどこの利息軽減効果は大きくなるということです。

2、【返済額軽減型】とは、原則として返済期間は変えません。そして、毎月の返済額を

当初計画より減らす目的で行います。

「期間短縮型」と同じように繰上げ返済額のすべては元金の返済に充てられ、その分の

支払い利息が軽減されます。繰上げ返済をする時期は早いほど、金利が高いものほど、

また、返済期間が長いものほど効果が大きくなるのも「期間短縮型」と同じです。

では、こちらの「返済額軽減型」が向いている方はというと、子供の教育費の支出が増えたり、

子供の人数が増えたり、共働きであった片方の収入が減った、あるいは、”0”になったりという

ケースで毎月のローン返済の負担が大きくなってきた場合です。

また、「固定金利期間選択型」のローンを利用している場合で、将来の金利上昇に伴って

返済額が増える場合にもこの「返済額軽減型」の繰上げ返済を考えるのは有効です。

あと、この繰上げ返済をする場合の、金額や手数料についてはそれぞれの金融機関で

ことなりますので、それらを考慮して総合的に判断する必要があります。

関連記事

  1. まずは、『持ち物リスト』をつくろう!
  2. 【三種の神器】家を建てるなら持っておきたい『三種の神器』
  3. チャットワークに参加しませんか?
  4. 熊本、阿蘇に行ってきました
  5. つくる?買う?
  6. 『設計施工会社』に頼むということ
  7. 今さら聞けない、ちょっと教えて『LED』
  8. あけましておめでとうございます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP