Architecture

どうなの?住宅ローン??

家を建てる(買う)時に、ほとんどの人が、悩む『住宅ローン』。

色んな銀行があって、いろんな商品がありますね。

最近は、ネットバンクでも住宅ローンがあります。

職種や職場によっては住宅資金の財形をやってくれているところもありますね。

さて、あなたはどこで、どのローンを組みますか?

ここでは、一つ一つの商品のご紹介はできませんので、一般的な基本をご紹介します。

|気になる、【金利】。変動?それとも固定?

ご存知と思いますが、基本的に金利には【変動型】と【固定型】で設定があります。

【変動型】は、設定して期間内(1年、2年、5年、10年など)は、一定金利で、

その期間が終了すると次の期間内の金利をその時点で再設定するもの。 

当然経済情勢によって、以前よりも下がることもあれば、上がることあります。

最終の支払い期間までの間、これを何度か繰り返して完済します。

【固定型】は、最初に設定した返済期間中、最初に決めた金利で、払い続けるます。

最近は、変動型と固定型を合わせた【複合型】もあり

銀行さんの独自の{住宅ローン}としてはこの形が多いかもしれません。

あとは、固定型の王道?として昔からある【フラット35】

その昔、4%、5%なんて時代もありましたが、

今は経済政策等で1.3%とか、ネットバンク系では

0%台というのも当たり前。

ここで、どう考えるかですが、

まず、銀行選びは普段からお付き合いがある銀行をお勧めします。

お給料の振込先や公共料金の引き落とし等に利用している銀行です。

普段からこのような利用をしていると金利引下げサービスで

0.4%とか下がる特典があります。

ネットバンクの金利は魅力ですが、個人的には店舗の実態があって

窓口で担当者さんと相談ができる方が安心できると思います。

ここで注意したいのが、{固定型金利}であっても、金利が変わる可能性は

『0』ではないことが

あるということです。

「えっ、何で。固定なんだから固定でしょ!」

そうなんです。通常は。

これは、あくまで可能性のお話で、ローンの説明書や契約書をよ~く見ると、

「天変地異や想定外の経済状況に陥った際には変動することがあります」

(意訳しています)

てな文言が記載されているんです。

だから、可能性として『0』ではないんです。

 

住宅ローンにおける経済状況としては、この5、6年?もっと前からかもしれませんね、

「今の金利は、底だ。底。」

と言われ続けここまで下がってきています。

この先、あなたの返済期間である25年?35年?。

その間、このままでキープでしょうか?

もっと下がりますか?

誰にも分かりません。

普通に考えると、下がったものは上がりますよね?←いつなのかは、わかりませんよ(^^)

でも、25年や35年というとてつもなく長い期間の返済。

しかも年を取るごとに不安になりますよね。

住宅ローンは投資やギャンブルではないんで、毎日の生活。

毎月の返済が生活を圧迫しないと見通しがどれだけ立てれるか?

これが安心感だと私は思います。

えっ、私ですか?

私は『フラット35』です!

また、お話しますね(^^)

 

関連記事

  1. 今さら聞けない、ちょっと教えて『LED』
  2. ~作品集~ 「展示・体験交流館」(2016)
  3. 『住宅ローンアドバイザー』!?
  4. 『設計施工会社』に頼むということ
  5. チャットワークに参加しませんか?
  6. 今さら聞けない、『ペアガラスサッシ と 2重サッシ』?
  7. 『設計事務所』に頼むということ。
  8. 【三種の神器】家を建てるなら持っておきたい『三種の神器』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP