Architecture

今さら聞けない、ちょっと教えて『LED』

  
  ここ数年で、LEDの実用化が急速に進んでいます。

  法律でも、「日本では、もう、蛍光灯の製造しない」と決まりました。
  そう、遠くない将来蛍光灯はなくなるのです。
  あの、消えそうで消えない『チカッチカッ、ツー、チカッチカッ』
  が見えなくなるんです。
  
  じゃ、LEDってどうなの? 何がいいの、何が違うの?

  はい、

  1、電気代が安くなります
     同じ明るさを確保するための電気量が少しでいいんです。

  2、発熱量が小さい   
     電球自体が点灯することで熱を発生しますが、LEDは
     ほとんどありません。
     ということは、照明器具によって部屋温度があがることが 
     ないので、空調の負荷が減ります→エコです。

  3、紫外線をほとんど出しません
     紫外線が色々な、悪影響を及ぼすことはご存知だと思います。
     お店だと商品を悪化(酸化や劣化)を促進させます。
     紫外線がないと、蛾などの虫が集まりにくいです。
     多くの夜行型の虫は紫外線に集まりますから、これがなくなります。
     我が家の虫嫌いな奥さんには、これが一番、好評でした。(笑)

  4、電球(光源)の取替えがなくなる
     LEDの寿命は15~20年とか言われています。
     そのため、高所に取り付けた電球の交換周期が大幅に削減されます。
  
  などが、上げられます。

  ただ、かなり普及してきたとはいえ、器具自体のコストにまだ、割高感があります。
  電球(光源)の交換と言いましたが、器具と電球(光源)が一体化されている商品が
  多く、器具自体の交換になる場合が多いです。

  あと、注意点としては
  
  光源のグレア(眩しさ)が強いので、光源自体が視線に入るような器具の取付は
  避けた方がいいでしょう。

  それから、よく就寝時に「豆球」「小さい電気」を点けて、お休みに
  なる方がいます。この場合にLEDの波長が睡眠によくないという
  専門家もいますので、蛍光灯ではない「電球」の補助器具を
  用意された方がいいかもしれません。 

  以上です。

関連記事

  1. 『設計施工会社』に頼むということ
  2. 【繰上げ返済】『住宅ローン』の”繰上げ返済”してますか?
  3. 新年を迎えてあらたに思うこと・・・
  4. あけましておめでとうございます
  5. チャットワークに参加しませんか?
  6. 【三種の神器】家を建てるなら持っておきたい『三種の神器』
  7. 熊本、阿蘇に行ってきました
  8. ~作品集~ (居酒屋)2012

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP